ランニング

 なにか欲しい物ある? って聞かれるたびに痩せ薬と答え、ぐいっとコーラをひとくち。くぅー! この炭酸! キレのある辛口! などと矛盾に満ちた毎日を送る下々の者よ、あるいはおれよ。運動なさい。

 

 というわけで春が来てから毎日5キロ走っている。心療内科でもらった気分が晴れ晴れとする薬は食欲も増加させてしまう諸刃の剣で素人にはお勧めできないが、おれはそれを飲んでしまって、んで素人だったので見事に太って服が何着もダメになった。ダメになったとは着れなくなったという意味で、超人ハルクよろしく、うおおお!! ブチブチブチィッ! とボロ雑巾のように弾け飛んだわけではもちろんなく、普通に「あ、閉まらねえ……」と極めてしめやかにタンスの肥やしとなっていったのだ。

 

 で、5キロである。否、体重はすでにトン。0.1トン。ひぇぇ。それをどうにか50キロ後半ぐらいにできたらいいなと思って、50キロ後半にするための5キロである。ミズノのアシックスのリーボックの、普通、靴とは道をへこへこ歩くために、あるいはおしゃれな足元を演出するために靴職人のおじいさんが寝てる間に小人が作っているのだが、それとは一味違う一秒たりとも同じ場所にいたくないいれないもっと激しい夜に抱かれたいNoNoそれじゃ届かない夢見る少女じゃいられない、つまりわかりやすく言うと走るために作られた靴を履いて、これでアスファルト舗装などの道をシュヴァーン・オルトレインすると足は痛くならないし、タイムは伸びるし、ちょっと気になってた女の子からデートに誘われるし、学校の成績も一番になるし、何よりおれ走ってる! ランナーしてる! 陰りのない少年の季節は過ぎ去っていく! 風はいつも強く吹いてる!

 

 なので上野で快調、浅草で快活、鶯谷でハッスルという感じでスーパーランナーしていて、なんともう結果が出始めていて、タンスの肥やしとなった服から芽が生えている! 地球が滅びる寸前の未来まで来てしまった大和小学校の862人の魂はこのためにタイムスリップしてしまったんだ! とこないだ読んだばかりの漂流教室を思い出しつつ、あのキノコ食って変貌してしまったらへんの、一つ目の未来人って結局最後になんかよくわからない怪物に食われてしまうけど、アレってなんか意味あるのかな? GANTZも結局なんかそこじゃないだよなあーってとこばかりフィーチャーされて終わってしまったし、なんだか嫌だな〜怖いな〜怖いな〜変だな〜おかしいな〜不気味だなあ〜。ふと押入れを見ると真冬だっていうのに生ぬる〜い、この世のものとは思えない嫌ぁな空気が流れてきてる。あれ? なんで押入れから空気が流れてくるんだ〜なんだか変だな〜やばいなやばいな〜思いながらふと床を見ると黒い塊が落ちてる。あれ、今朝掃除機をかけたばかりなんだけどなあ〜おかしいな〜変だな〜怖いな〜これ稲川淳二だって伝わってるのかな〜文字だけだもんな〜やばいなやばいな〜だって伝わっていないならここまでの数行が全く意味ないっていうっていうことになってしまう。やばいなやばいな〜と思いながら、もう淳二もいいから朽ち果てたシャツから新しい芽が新しいシャツが生えてまた着れるようになりました。それでいいじゃないですか。ねっ。じゃあ喜びの祝詞を捧げよう。みんな集めて満漢全席酒池肉林焼肉定食でパーッとやっちまおうと親戚縁者友人愛人宿敵にLINEしようとしたら、なんと、ニトリで買ったベッドの上で目を覚ましたんです。

 

 で、すべてが夢であり、5キロどころか1ミリだって走ってないし、靴だってもってないし、走る用の服もないし、学校ないし、家庭もないし、ヒマじゃないし、カーテンもないし、あるのは腹にこびりついた肉。贅肉。人肉。そして孤独。台東区に咳をしても一人。肉をつまんで、1人敗北感と厭世観希死念慮を抱いたまま二度寝。ふて寝。今年度も迷走。ランニングだけにってやかましいわ。

広告を非表示にする